リラックスしましょう!

ストレスとは?

わかりやすく分析してみましょう。ストレスは、要求や脅迫に対する身体の反応です。脅迫されていると感じると、神経系がアドレナリンやコルチゾールを含むストレス系ホルモンを分泌し、心拍数と血圧が上昇します。また、呼吸のリズムが早くなり、感覚も鋭くなるとメルローズの栄養士ステフ・ロウは言います。これは皆さんも一度は経験したことがあるでしょう。

この身体的な変化によって筋力、体力、反応時間、また集中力の向上に繋がります。副腎より分泌されるコルチゾールは、血流にインスリンを放出し、血圧の上昇に繋がります。

これは、お腹が空いたライオンから逃げ切らなければいけなかった私たちの古代の先祖には役立った要素だったかもしれませんが、現代の私たちが経験しているような慢性的なストレス(ミーティング前の緊張感や締切が迫っているときなど)においてはあまり必要ありません。だからこそ、自分たちのコンフォートゾーンから外れたストレスは、役に立たず、むしろ精神面の健康に害を与えるということを忘れてはいけません。

ストレスは何に影響する?

ストレスは消化器系の健康を荒らし、体重の増加、エネルギーの減少、ホルモンの不均衡、また精神面を乱します。

メルローズの栄養士ステフ・ロウにとってどのようなことを心がければストレスの減少に繋がるのか聞いてみました。

  • ストレスの原因を追求しましょう:当たり前のことに聞こえますが、何が原因なのか理解できれば、解消に繋がる対処法が明確になります。「やること一覧」などを作成し、現実的な目標を立てましょう(ストレスを感じているときは経過を見失いがちなのでこれは特におすすめです)。
  • 健康的な食生活の維持:食生活が如何に大切かという証拠です!栄養補給をすることによって身体は、ストレスに対処する準備を整えます。健康的な朝食で1日を始め、糖分の摂取を控え、野菜や果物もしっかりと摂り、できる限り自然なものを食べましょう。
  • エクササイズ:定期的に運動することによって気分は明るくなり、ストレス、不安、怒りやいらいらする気持ちなどを解消します。また、動くことは、心配事からの気晴らしにもなり、ストレスや不安を養ってしまうネガティブな気持ちから脱出し、静かな時間を設ける良い機会にもなります。更に、汗をかくことによって、余分なエネルギーを消費し、夜は熟睡できるようになります。
  • 自分のための時間を作りましょう:これは特に大切です。湯船に浸かったり、本を読んだり、瞑想する時間を設けましょう。または、ヨガや、マッサージを受けることなど、気楽にできることで十分です。
  • 専門家に相談しましょう:もっと重大な問題の予感がする場合は、必ず専門家に相談しましょう。慢性的なストレスは問題であり、ストレスの自己管理は健康的な生活を送るために必要です。

さあ始めましょう!

一旦休憩して、息を大きく吸って、ゆっくり吐くことを繰り返しましょう。

You have successfully subscribed!
x