身体を動かしましょう!

運動は、健康的で幸福になるために必要不可欠であることは言うまでもないことです。自分が楽しいと思うエクササイズであれば習慣化にも繋がりやすく、健康的な食生活はもちろん、自分に合った運動方法を見つけることも目標にしていきましょう。運動を生活に取り入れていくに当たり、手助けになる下記のポイントを試してみましょう。

  1. 変化は小さく:まずは、日々のルーティーンを少しずつ変えていきましょう。例えば、エスカレーターではなく階段を登る、散歩がてらのミーティング(メルローズではよく実施しています)、昼休みに少しウォーキング(職場や車の中に常にスニーカーを置いておきましょう)、スタンディングデスクで仕事をする、車は少々遠いて場所に駐車する、など様々な方法があります。
  2. 朝の散歩:音楽やポッドキャストなどを聴きながら散歩をすることによって、自分のための時間を設けられ、身体の代謝活動を始動させることができます。
  3. ヨガストレッチでリラックス:ヨガは、メンタルヘルスにだけでなく、身体を引き締め、柔軟性を高めるために最適な運動です(未経験の方は、初心者向けのクラスや陰ヨガのプログラムに参加し身体を慣らしましょう)。
  4. 既に趣味であるものを取り入れましょう:水泳が好きな方は、プールで何往復か泳ぎましょう。ダンスが好きな方は、近所のジムのダンス教室に参加しましょう。自然が好きな方は、ハイキングに出かけましょう。自分が一番好きな運動に打ち込んでみましょう。
  5. 汗をかく準備はできていますか?:自分のコンフォートゾーンから脱出したい方は、ハードな全身運動プログラムを開催している近所のジムに参加してみましょう。

専門家からのアドバイス:構造化された運動プログラムは日常の動作と同じぐらい大切ですが、これは起きている時間の4~6%の割合でしかなく、健康を改善するためにはそれ以外の時間に行っていることの方がより重要であるとメルローズの栄養士ステフ・ロウは言います。健康的な生活を目指すのであれば、FitBitやスマートフォンに搭載されている万歩計を使ってみましょう。(世界保険機関WHOは、110,000歩を推奨しています)

You have successfully subscribed!
x